英会話勉強法ランキング

英会話は効率的に勉強して話せるようにならなきゃ意味がない!

工業高校出身ながら試行錯誤のすえ英会話をマスターし、TOEICで820点を取ってしまった管理人が教える英会話の勉強法です!(だからきっとあなたにもできる!)

私の英語力(TOEIC)

 

英会話の勉強で成功するために考えないといけない3つのポイント

 

本当に効果のある勉強ができる方法ですか?

これは私がもっとも考えるべきポイントだと思っていることです。
××するだけで英語が話せるようになるという英会話教材、質の低い講師しかいない英会話のレッスン、まともに話すチャンスもない海外旅行・・・これらにどれだけお金と時間を使っても英語が話せるようにはなりませんでした。

 

英語が話せるようになる方法で勉強をしないと一生英語は話せるようにはなりません。

 

継続できる金額ですか?

お金がかかってしまう勉強というのは、お金の面で続けることが難しいものです。
皮肉なことにお金が高ければ効果もあるというものではないのが英会話です。
高いお金を払っていることがストレスになってしまう・・・なんてこともよくあります。

 

お金がかかる方法は勉強を続けることが難しくなります。

 

自分でも無理なくできる方法ですか?

みんなが効果があると言っている方法でも自分にはできない・・なんてことはよくあります。
こういう勉強法を無理して続けていると英語が嫌いになるだけ。
英会話の勉強に使える時間、かけられるエネルギー、お金、情熱、これらは人それぞれです。

 

自分が無理をしている方法では英語が嫌いになるだけです。

 

 

まとめると・・・

 

 

効果があって、お金がかからなくて、無理のない方法

 

英会話の勉強法をすることです。

 

 

そして、これらのポイントを加味して英会話勉強法ランキングを作りました。

 

ほぼすべての勉強法を試してきた管理人が作る英会話勉強法ランキングはコレ!

英会話教材で自分のペースで独学をする

英会話教材

効果カンタンさ継続性
評点4評点5評点4
コストパフォーマンス時間の自由度はじめやすさ
評点5評点5評点5

【長所】
習いに行くという方法と比べると圧倒的にコストパフォーマンスが良いのが英会話教材を使っての独学です。
最近の英会話教材はかなり進化してきたので、独学ながらに高い効果を感じることができるようになっています。
通勤中や仕事終わり、帰宅後など自分の好きな時間に好きな量の勉強ができる自由度の高さがあり、そのため続けやすいのが英会話教材の強みです。

 

【短所】
英語学習理論から外れた間違った方法の英会話教材を買ってしまうとどれだけ学習をしても効果がありません。
教材選びが不安な人は日本一辛口なレビュー!おすすめVS失敗英語教材ランキングを参考にすると良いです。サイトURL→http://fromexperience.info/

勉強は本人の自主性にかかっているので、三日坊主のような性格の人は続けられないものです。

 

思った以上に低コストのオンライン英会話を利用する

オンライン英会話

効果カンタンさ継続性
評点4評点3評点3
コストパフォーマンス時間の自由度はじめやすさ
評点5評点3評点4

【長所】
本番の英会話レッスンながらオンライン形式にすることで英会話スクールとは比べものにならないほどコスト面で優れています。
利用できる時間帯が指定されているサービスがほとんどなので時間の自由度は高くはないが、自宅できることは大きなメリットです。

 

【短所】
いきなり外国人とのレッスンになるので、初心者には向きません。
フィリピンなどのアジア諸国の人とのレッスンになるので生粋のネイティブスピーカーと会話ができるわけではなく、発音や表現の違いが気になることも。
パソコンを通しての会話なので生の英会話ほどの臨場感はありません。

 

効果はあるが時間はかかる留学やワーキングホリデイに行く

留学

効果カンタンさ継続性
評点5評点2評点3
コストパフォーマンス時間の自由度はじめやすさ
評点3評点1評点1

【長所】
英語漬けの環境に身を置くことは24時間英会話の勉強をしているようなもの、そのため効果は絶大です。
ワーキングホリデイの制度やホームステイをうまく利用できればコスト面も多少はカバーすることができます。

 

【短所】
本人が海外でどのような態度で生活をするかにすべてがかかっています。現地で日本人とばかり一緒にいる、ホームシックになって帰国してしまう・・・こんな人を何十人と知っているのは私だけでしょうか。
留学やワーキングホリデイのみで英会話を習得しようと思うと失敗します、事前に十分な勉強をしておく必要があります。
日本での生活をすべてストップして海外に出向く必要があるのでこれができる人に限られます。

 

もはや時代遅れ!?書店の参考書で英会話の勉強をする

参考書

効果カンタンさ継続性
評点2評点2評点3
コストパフォーマンス時間の自由度はじめやすさ
評点5評点5評点5

【長所】
書店に置いてある英会話の参考書は1冊2,000円程度、コストで言えばもっとも低価格で始めやすい方法です。
自分の好きな時間に好きな量だけというスタイルは英会話教材と同様に便利なところです。

 

【短所】
安かろう悪かろうで内容が薄く、やはり効果としてはあまり期待できません。
中学や高校で経験してきた授業のような感じの勉強になってしまい楽しさは少ないです。
英語が話せるようになることまで求めると、結局は何冊も買う必要があり、そこそこの金額に膨れ上がることも。

 

一体いくら払えばいいの?英会話スクールに通う

英会話スクール

効果カンタンさ継続性
評点3評点2評点1
コストパフォーマンス時間の自由度はじめやすさ
評点1評点1評点1

【長所】
英会話スクールでの上達を考えた時、良いスクールで良い講師に出会うことが絶対条件になります。

 

【短所】
料金が明瞭そうで不明瞭なスクールが多く、何かと追加料金が発生し実際にレッスンを受けてみるまでいくら払えばいいのか分からないことがあります。
基本的に高額になることは間違いなく、金銭的理由で継続が難しいケースもよくあります。
外国人であれば即採用?こんなスクールが多いせいか講師の質はとにかく低いというのが私の持っている印象です。
毎週決められた時間に行かなければならない強制感は英会話スクールならではのものです。

 

 

 

どの方法をとってもいいこと悪いこと、それぞれです。管理人の私としてはやはり英会話教材での勉強がリスクがもっとも少なく、効果も期待できると考えています。