英会話は総合的に勉強することで上達

英会話は総合的に勉強をすることで上達する

英会話は総合的に勉強をすることで上達します、他の言葉で言い換えればバランス良く勉強をするということです。
英語にはスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングなどがあります。
私達は日本人として日本語を話すことができるのですが、得意不得意はあったとしても日本語でリーディングだけはまったくできないとかライティングだけはまったくできないということはないはずです。
苦手であっても文章を読むことや書くことはできるはずです。

 

私は当初、このような事実を見落としていました。
私はリスニングを軸とした英会話教材をかつて使っていました。
リスニングを軸とした英会話教材でできることはリスニングだけで、話す練習や読む練習などはしていませんでした。
その結果はこれ以上言わなくても分かっていただけるはずです。

 

もしかしてあなたも今、リスニングのみのような偏った勉強をしてはいませんか?
このような偏った勉強では上達はなかなかしません。

 

私はリスニングのみの勉強を続けてうまくいかない中で、スピーキングの勉強をしないといけないと気づきました。
そして、スピーキングの勉強をして少しずつ英語が話せるようになったとき、発音の勉強もしないといけないと悟りました。
発音の勉強をしたところだんだん自分の英語に自信が持てるようになっていきました。

 

リスニングだけの勉強からスピーキング、発音とだんだん英語の領域を広げていったところ、以前では考えられないほど英語が上達をしました。
そこではじめて気がついたことは偏った勉強ではなく総合的に英語というものを勉強しなければならないということです。
アンバランスな勉強ではアンバランスな力しか身につきませんが、バランスのとれた勉強をすればなぜか上達が早くなりました。

 

英語が話せるようになることが目標なら、リーディングとライティングの勉強は必要ないかもしれません。
しかし、英語が話せるようになりたいという目標に対して、リスニングの勉強しかしない、スピーキングの勉強しかしないということでは意味はありません。

 

リスニングの勉強しかしていない人は英語が話せないという現実に直面します。
スピーキングの勉強しかしていない人は英語が聞きとれないという現実に直面します。
これらは偏った学習をしてしまった結果からくるものです。

 

リスニングの勉強は得意だけどスピーキングの勉強は苦手だという人もいるはずです。
しかし、上達を考えれば不得意だからやらないということは通用せず、すべてをバランス良くやっていくことが宿命になります。