英会話は実践することで上達

英会話は実践することで上達する

あなたはフレーズコレクターや単語コレクターになっていませんか?
私はかつてフレーズコレクターや単語コレクターでした。

 

フレーズコレクターとは、英会話のフレーズをどんどん頭の中に覚えてコレクト(収集)していく人のことです。
単語コレクターとは、英単語をどんどん頭の中に覚えてコレクトしていく人のことです。
このような人はフレーズや単語を覚えることが楽しみや目的になってしまっていて、それに満足してしまっている人です。
そして、実際に英語を話すチャンスが巡ってきたとしてもその場で英語を話そうとはしません。

 

本当は英語が話せるようになることが目標で勉強をはじめたのではないですか?

 

もしくは、あなたは一生準備中君ではないでしょうか?
私はかつて一生準備中君でした。

 

一生準備中君とは、英語の勉強は熱心にしているのですが、実際に英語を話すチャンスが巡ってきたときに、「自分にはまだ早い」と自らチャンスを放棄してしまう人のことです。
自分の英語に自信が持てるまで本番に挑まないという人です。

 

私はこの両方ともを経験してきたので、この気持ちはよく分かります。
しかし、コレクターや一生準備中君はいつまでたっても英語が話せるようにはなりません。
私はこれに気がつくまでに時間がかかりましたし、このことを強く後悔しています。

 

英語が話せるようになるために一生懸命準備したり勉強するのではなく、チャンスがあれば勇気を出して英語を話してみることです。
この勇気によって英語は話せるようになります。

 

実際に英語を話す外国人と対峙してみて初めて分かる空気感というものがそこにはあります。
ゴルフの打ちっぱなしに熱心に通って腕を磨いたつもりでも、コースに出てみたら散々な結果に終わってしまったというようなものです。
実際にやってみる、その経験から学べることは大きなものです。
そして、その経験が今後のモチベーションや課題を与えてくれます。

 

チャンスが来たら勇気を出して英語を話してみる、自ら英語を話すチャンスがある場所に行く、このような心構えは英会話には欠かせません。