英会話スクールでの勉強

裏と表があるのが英会話学校、私はおすすめはしません

英会話スクール

 

英会話を身につけたいと考えたとき、英会話スクールに通うと考える人がとても多いです。
しかし、これで問題なく英会話が身についた人は本当にいるのでしょうか?
私はここで名前を出すことは控えますが、実際に2つの英会話スクールに通った結果、途中で断念しています。
金額が他の勉強法と比較をしたときに高いこと、そして講師の質の低さに耐えることができませんでした。

 

CMや広告を見れば好印象、しかし実態は・・・

 

テレビをつけていれば1日に何度か英会話スクールのCMを目にすることです。
有名なタレントがCMに登場して英語を話し、それがとてもさわやかでかっこよく見える。
しかし、英会話スクールはそれほどさわやかなものなのでしょうか。

 

これは私だけかもしれませんと先にお断りをしておきます。
英会話スクールのCMや広告を見ていると無料のお試しや、10レッスン2万円でお試しというものがたくさんあり、思う以上に安く始められるようになっています。
しかし、実際の金額はどうなのでしょうか?
すべてのスクールがそうではありませんが、授業料とは別に入会金、テキスト代金、講師の指名料など他にもお金がかかることはたくさんあり、結果として相当な金額を支払うことになります。
私が経験してもっとも納得がいかなかったことは、これらの費用がかかることを事前に伝えられていなかったことです。
思う以上に低価格だと感じ入会を決意したにも関わらず後々けっこうな金額を支払うことに・・・しかも料金が半年間の前払いとか。
このあたりか私の英会話スクールに対する不信感は募っていきました。

 

次に私が感じた問題点は講師の質の低さです。
これは外国人と日本人のどちらにも言えることです。
英語を母国語とする外国人なので確かに英語は話すことができる、しかし彼に指導経験はあるのだろうか?
教えるという技術がない講師、やる気がなく愚痴のように自分のプライベートのことばかりフリートークで話す講師、無断でレッスンを休む講師、私はこのような経験をしたので英会話スクールというものの講師の質の低さを否定できません。(すべてのスクールがこうだとは限りませんが)

 

もしかして、外国人というだけで採用しているのではないのか?

 

こう感じるくらい仕事に対する技術や熱心さに欠ける講師にしか私はめぐり逢えませんでした。
とてもじゃないが、このレベルの人にこれだけのお金を払うことはできない・・・これが止める決意へとつながりました。

 

また、管理職的な日本人の講師は質が低いというよりも大変そうだと見ていて思ってしまいました。
朝から晩まで働き詰め、完全にキャパオーバーなのではないでしょうか。
こんな状態だからこそ、どれだけ熱意があっても私の学習の成長具合なんて見ていられないという感じでした。
もう少しまともな休みを与えてやってほしいと少し同情してしまったのは私だけでしょうか。

 

CMや広告から感じ取れる好印象と実際の現場はかけ離れている、これが私が英会話スクールに対して持っている印象です。

 

英会話スクールの長所は?

 

マイナスな意見ばかり述べてきましたが、実際に英会話スクールでの勉強で成功をしている人も知っています。
彼女は国立大学の出身、今は有名企業で働いています。
業務の中で英語を身につける必要が出てきたため、英会話スクールに通うことに。
彼女は週末に1回2時間程度のマンツーマンレッスンを受けることで、英会話を身につけることに成功しました。
講師との相性も良く、レッスンが楽しいとの意見です。

 

ではなぜ彼女はこのように成功できたのか?

 

彼女は確かに英会話スクールを利用していますが、それがすべてではありませんでした。
週末の英会話スクールに備えて、平日は自分で勉強をしているとのことです。
英会話スクールは実力試しの場と質問の場ということです。
また、彼女は有名企業で働いていて給料の中から英会話スクールのレッスン料を支払うことにそれほどの痛みがなかったようです。

 

英会話スクールでは、良い講師と出会うこと、授業料に痛みを感じないこと、英会話スクール外でも自分で勉強をすること、この3つの条件が揃えば威力は大きいと言えます。

 

日本にいながらネイティブスピーカーと面と向かって話せる臨場感は英会話スクールにしかないものです。

 

英会話スクールの短所は?

 

上で述べたメリットの裏返しがデメリットになります。
金額の高さ、不明瞭さ、講師の質の低さ、生徒に対する管理の悪さ・・・すみません、挙げようと思えば尽きません。

 

トップページへ