英語教材辛口ランキング50

厳しい評価をされた教材とは

書店を歩いているととても気になる雑誌を発見したので買ってみました。

 

英語教材辛口ランキング50

 

2013年5月1日出版の「英語教材辛口ランキング50(出版元:晋遊舎)」という雑誌です。

 

この雑誌では、選考員として英語のプロ74名がどの英語教材が本当に良いものなのかをアンケート形式で投票しています。
そして、その結果としてさまざまな教材の評価がランキング化されています。

 

ランキングの上位を見てみると、確かに今まで自分が使って良かったと感じるものがランクインしていました。
と言っても自分が気になったのはこれじゃありません。
良い教材とは逆にワーストの評価をされた教材もランキング化されている、これがめちゃめちゃ気になりました!

 

そして、その結果が驚くもの!?になっていたんです。

 

ワーストの教材

 

69ページ(上の写真)にその結果があるのですが、74人が投票した中で2つの教材だけが10票以上のワースト票を獲得したとのことです。
他の教材でワースト票が入ったのは1票とかだったにも関わらず10票以上獲得してしまった教材があるそうです。

 

ここではその具体名は挙げませんが、これの教材に共通することは「聞くだけで英語が話せるようになる」という教材だということです。

 

ワーストに投票したプロの意見としては、

 

聞くだけで英語が話せるようになることはない
聞くだけであれば無料教材でも代用可能
文法や単語を無視した学習は実用性に欠ける

 

というものでした。

 

肯定的な意見も見られましたが、これを言われてしまったら何も反論はできませんよね。
英語のプロがそう言っていることなので。

 

ということで英会話教材聞き流しランキングでも言及したとおり、聞き流しの学習効果は必ずしも高いわけではありません。
もちろんやり方によっては高い効果を発揮しますが、基本として、やはり私自身が英語を身に付けたとおり地道に努力をして英語を勉強していくしか方法はないと思います。