英会話は続けることで上達

英会話は続けることで嫌でも上達する

私は自分でも認めるほどのバカでしたが今では英語を話すことができます。
もともと頭が良くなかった分、何で英語が話せるようになったのか人に興味を持たれることがよくあります。
こんな質問をしてくる人は何か手品のような方法があって私が英語が話せるようになったと思っているのですが、そこには手品のような方法はありません。

 

なぜ私が英語が話せるようになったのか、それはただ続けただけです。

 

私の仕事は倉庫内での肉体労働なので毎日残業はありますが、決められた時間で帰ることができます。
帰宅後、無趣味な私は特にやることもやりたいこともなく、毎日のように英会話の勉強をしていました。

 

なぜ英会話の勉強をはじめたのかと聞かれればしっかりとした理由はなくて、英語が話せればちょっとはチヤホヤされるかなと思ったくらいの理由しかありません。
日によってどれだけ勉強をしたかには差がありますが、1〜2時間はしていたと思います。
一生懸命というよりもダラダラという感じでした、しかし特別な用事がない限り勉強をしなかった日というのはほとんどありません。

 

決して質の高い勉強をずっとしてきたわけではありませんが、続けていれば時間が経つとともに上達していくのが英会話です。

 

下手な才能よりも、下手な教材や指導者よりも、続けることが一番上達に貢献してくれるのものです。

 

自分で自分のことを頭が良くないと思う人ほど続けるようにしなければなりません。

 

はじめは続けるのが苦痛かもしれませんが、続けていればだんだんそれが当たり前になってくるものです。
きっとこれが習慣化というものなのですが、こうなってくると、私は仕事が終わって帰宅して英会話、それが終わってやっと1日が終わりでフリータイムという生活になりました。
英会話の勉強を習慣化させてしまうことは重要です。
はじめは無理があるかもしれませんが、ちょっと無理をして続けて習慣化させるようにしましょう。

 

逆に1つのことを続けることが苦手な人は英会話には向かないかもしれません。
どれだけ頭が良くても継続できない人は継続できる人よりも上達できないと私は思っています。