英会話は外国人になりきることで上達

英会話はナルシストになることで上達します

嘘のような話ですが、私が英会話の勉強の中でやってみてすごく効果があった方法がナルシストになり外国人になりきって英語を話すというものです。

 

私達は日本人で母国語ではない英語を覚えようと必死になって勉強をしています。
そして英単語や英文法、英会話のフレーズを覚えて英語力をどんどんつけているにも関わらず、英語を話すときはなぜか日本人のままです。
英語を話しているけど私は日本人です、私は多くの人にこんな印象を持っています。

 

しかし、英語は日本語ではないので、私は英語を話すならまるで外国人かのようになりきって話した方がいいと思います。
外国人が英語で話している様子を観察して、ちょっと大げさなくらいその話し方を真似してもいいと思います。
こんな感じで、外国人になりきって英語を話すことでなぜか声が大きくなり、発音も少し良くなった気がしました。
そして何よりも英語を話していることが楽しいと感じやすくなりました。

 

まだまだ力がないうちは英語を話すことだけでも緊張するのに、外国人になりきって話すなんて無理だと思うものです。
ですが、私としては早いうちから外国人になりきって話す練習をした方がいいと思っていますし、自分はそうするのが遅かったと後悔をしているほどです。

 

外国人になりきることは恥ずかしいかもしれません。
ですが、英会話ができるようになりたいのならやってみることをおすすめします。
自信家の人やナルシストの人は何も気にすることなく外国人のような口調で話すことができます。
これは英語においては大きな長所です。

 

何も遠慮することや照れる必要はないと思います。
別に今この瞬間に自分がそうしようと思えばできることで、たったこれだけのことなのに上達するのであればやらない理由はないです。
映画や英会話教材などで聞いた外国人の話し方をなんちゃってで真似することからはじめるようにしましょう。
そうすると、いずれはそれが本当に自分のものになり、まるでネイティブスピーカーのような英語を話せるようになるものです。
私はまだまだ流暢さが足りないので、もっともっと大げさに外国人の話し方を真似していこうと思います。